• NANA

夜勤をしていても美肌になれる習慣・1


夜勤や生理の前後は肌荒れしがちな人も多いのではないでしょうか?


ニキビや吹き出物、ザラザラしていたり、かさついていたり



気分が滅入ってしまいます。


でも、素肌が綺麗だったり、化粧ノリが綺麗にできると気分が上がりますよね。



ちょっとしたことの積み重ねが美肌に近づく近道です。


今回はスキンケア編をお伝えします。




①しっかりと保水保湿をする


洗顔後はたっぷりの化粧水で保水しましょう!


この時、手でつけたり、コットンでつけるのかは好きなやり方でいいと思います。


大事なのは擦らない、力を入れないこと!


気がつかないうちについつい力が入ってしまいがちなので気をつけましょう。


摩擦などの外的刺激はシミやシワの原因にもなってしまいます。


あとは化粧水を導入してくれるオイルや美容液もあるのでそれを使ってあげることや


時間のある時はコットンパックやスチームを当てるのも良いですね。


保水して肌のキメが整うと肌荒れしにくくなり、化粧ノリも良くなります。


日中や夜勤中など肌が乾燥してしまうこともありますよね。


そういった時はミスト状の化粧水や美容液で保湿しましょう。


おすすめは美容液やクリーム、バームなど。


少量手にとってポンポンと優しくのせましょう。


擦ると刺激になるし、化粧崩れの原因になってしまいます。


②洗顔はぬるま湯で行う


お湯での洗顔は必要な皮脂まで流してしまうため良くありません。


ご存知の人も多いかと思いますが特に冬は寒くてついお湯で洗ってしまう人もいるのではないでしょうか?


お肌のためにもぬるま湯洗顔にしましょう。


そして、メイクをする人はポイントメイクは専用リムーバーを使って落としましょう!


落ちなくて何度も洗ったり、擦ったりすると色素沈着してしまいます。


刺激によるシミやシワの原因にも。


専用リムーバーで優しくメイク落としをしてあげて他の部分はクレンジングをしましょう。


オイルクレンジングは洗浄力が高くスッキリと落ちますが、必要な皮脂まで落としてしまいます。


きちんと乳化させてから洗うとオイルクレンジングでなくてもしっかりとメイクオフできるので乾燥肌という方はクレンジングを見直すのも良いかもしれませんね。


③紫外線対策をする


紫外線による老化現象は怖いですよね。


室内にいても安心はできません。


窓からも紫外線は入っているので外出しないときも紫外線対策は必要です。


また、乾燥する冬は肌のバリア機能が低下しているので紫外線によるダメージを受けやすかなってしまいます。


そして、北海道で住む私たちにとって残念なことに新雪の紫外線反射率は高いです。


雪かきやスキー、スノボなどのウィンタースポーツをする時も万全の紫外線対策が必要ですね。


目からも紫外線が入るのでサングラスも有効です。


UVケアはなるべく肌に優しいものを取り入れましょう。


肌が弱い人は紫外線吸収剤ではなく、紫外線拡散剤が使用されているものの方が安心です。


そしてこまめな塗り直しが大切です。


目標は2時間おき!


中々難しいと感じてしまいますが今はパウダーのものやスプレーのものなど塗り直ししやすいものも市販で出ているので取り入れやすいですよ。







小さなことだけれど意外とできていないこともある美肌のための習慣。


今回はスキンケア編でした。


次回をお楽しみに。






+ + + + + + + + + + + + + + + + +

自分の経験から心地良く過ごす大切さを実感。毎日をHAPPYに過ごすためのメイク、習慣を提案します。

writing by NANA

@nana_happylife97

281回の閲覧

© 2018 Social Support Nurse  |  hokkaido @social-support-ns.com

  • Instagramの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン